きゃああああああ、変わらなーい!

ドラマ続きだったので、たまには映画も見たいなぁと思って、レンタル店へ。
決してドラマに飽きたわけではないので悪しからず。
ふとキョンシーが目に留まり、すっごく久々の香港映画。
映画といえど、中国圏からは少しもはみださないのです。
キョンシーといえば、道士さま・林正英を連想しますが、私が見たのは、2004年公開の「少林
キョンシー」。比較的新しい、劉家輝主演のです。しかし、道士は道教なのになぜタイトルに ”少林 ” がつくのか…
前年「少林サッカー」が大ヒットしたから、それにあやかったとか?ありそう・・・


画像


まぁそれはいいとして、私が見たかったのは、ゴードン(!)劉家輝ではなく(ファンの方ごめんなさい)、ルイス(!!)樊少皇<ファン・シウウォン>なのです。


画像


顔はかわいいのに、首から下はぜんぜん違う。

画像

画像


ねっ、すごいでしょ?
その昔、まだ幼い頃出演した「覇王別姫」では、それはそれは可愛かったのだそう。
このギャップがよいのか、服がボロボロに破けて肌があらわになったり、上半身裸のシーンが多いように思います。それと、すっごく誠実で、好青年役が多いです。
でも、この映画では、珍しくダーティーな役どころ。
霊を無事成仏させてやろうとする白道主(劉家輝)に対して、どんな霊だろうと容赦ないやり方で消滅させる黒道士が少皇。すっごく暗いの…。
とことん白の邪魔をして、対抗意識丸出しなのには理由があって、黒はもともと白とは同門で、しかも黒は前道主の実の息子なのです。
なのに、自分が道主に選ばれなかったことを、ずっと根に持っているのです。
でも、強力な悪霊の出現で、協力せざるを得なくなります。
そこで、白は前道主の息子に対する思いやりを伝え(道主になれば、苦労も危険もつきまとうから、そんな思いはさせたくないという親心)、黒もこれまでの自分がしてきたことを、後悔し、
白と仲直りします。
その後は自分の身を挺して悪霊へと立ち向かいますが…。
せっかく改心したのに~という結末です。
でも、彼のアクションはたっぷり見られたので満足、満足。

日本のマンガが原作の「力王」は彼の代表作といえます。(ちなみに、大島ゆかり<
シンシア・ラスター>も初々しく出演)
小さい頃から武術を学んできたから、基礎はバッチリ。
アクション俳優はたくさんいますが、彼ほど動きがシャープで綺麗な人はそうたくさんはいません。もっとも、私の中での香港№1は甄子丹<ドニー・イエン>ですが。

少皇は「天龍八部」香港版にも出ているのですね。
誰の役かと思ったら、虚竹でした。こちらも見てみたい気がします。主演は今ではもうすっかりベテランの黄日華、'96年の作品です。
'73年生まれの彼は今年34歳、容貌もアクションもずっと変わらず、すごいなと思います。
概して香港の俳優さんは若いという印象がありますが。梁朝偉、鄭伊健、周星馳、劉徳華然り。あ、みんな40代?おどろきです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

しうぐー
2007年07月02日 17:34
>樊少皇
どこかで見たことあるなあと思ったら、「天龍八部」香港版に出てたんですね。CSのTVBで放送してた時、少し見てました。しかし、顔と筋肉ムキムキの体にすごいギャップを感じます。ただせっかく決めてるのになぜにその帽子?

私も10年くらい前、やたらと香港映画を観てた時期がありました。李連杰(今だにジェット・リーという名前に違和感が)とか、梁家輝、呉鎮宇とか好きでしたねえ。あと、鄭伊健主演の古惑仔シリーズも好きだったなあ。ちなみに今、作品とか観てるわけじゃないんだけど、こっそりアンソニー・ウォン好き(笑)
あちらのエンタメニュースとか見てると、なんか妙にかっこいいのよね。

確かに香港の俳優さんって若く見えます。以前ゆうりさんのところでも言ったんですが、鄭伊健が修哥哥より年上ってことが驚きです。
すー・すーす
2007年07月03日 17:37
ありがとうございます。
少皇、古装劇にもたくさん出てたんで、きっとこの時マルコメくんだったのですね。そういう時帽子は必需品です。でも、ちょっと笑える。

しうぐーさんも、香港映画お好きだったんですね、うれしいなぁ。私は70年代の功夫映画から入ったので、やっぱりアクションもの大好きです
李連杰 (リー・リンチェですよね やっぱり)のは全部みてるし杜琪峯監督の作品も好きなので、出演している俳優さんも好きです。
中でも「鎗火」(ザ・ミッション~非情の掟)はてんこ盛り。黄秋生(しうぐーさんが好きなのは彼ですか?「イニシャルD」もかっこいい)
呉鎮宇、張耀揚(元から好きだったけど、初めてかっこいいと思った)、癒し系・林雪、他にも張家輝「ブレーキング・ニュース」、鄒兆龍「マトリックス」、林迪安(「ザ・ハングン」は忘れない、古っ)、傅聲(さすがにオンタイムじゃないけど)etc、etc





しうぐー
2007年07月07日 17:24
>ザ・ミッション~非情の掟
あ~これ観ました。が、残念ながらストーリー覚えてない・・・。黄秋生って年取ってからのほうがかっこいいですよね。
でも最近はたま~にCSでやってる香港映画を観るくらいなんですよねえ。

しか~し!先日「連城訣」を観てて、血刀老祖を演じた計春華が妙に気に入ってしまったので(天龍八部の時はそうでもなかったんだけど)、そのうちまた李連杰出演作品など観て、彼を探そうかと思い始めてるところです。

ところで、修哥哥が「酔拳2」に出てるといううわさが。たぶん殴られ役その1とかだと思われます。未確認ですが。
すー・すーす
2007年07月08日 03:37
「鎗火」は、命を狙われている黒社会のボス(
高雄/甄子丹の「精武門」での霍元甲はいちおし)に雇われた5人のボディー・ガードのお話。
ジャスコ内の緊迫感あふれる、静かな銃撃戦が印象的。他のシーンでは、ボスを待つ間オフィスの通路で、まるめた紙をサッカーよろしくパスし合って暇つぶし、ボスが来ると、あわててズボンのポケットに紙を押し込んだのは、黄秋生でした。
一時期病気のせいで太ってしまわれましたが、今はいい感じ。若い頃の彼も私は好きです。
でも、「人肉饅頭」は見るんじゃなかったと後悔しました。期待はずれは多々ありますが、後悔する作品はそうないです。(-.-|||)

計春華…「少林寺」からずっとスキンヘッドで
インパクト大、曲者役ハマってます。「紅高梁」(赤いコーリャン)にも出てたんですね。けっこういろんな作品に顔を出してます。

成龍の「酔拳2]ですか。「笑傲江湖」に続く "修GGをさがせ" ですね。とたんに「酔拳2]
のゲップ入り主題歌が頭の中で鳴り出しました。サントラしか持ってないから(!!)、レンタル店へ急ごう!