きゃああああああ、変わらなーい!

ドラマ続きだったので、たまには映画も見たいなぁと思って、レンタル店へ。
決してドラマに飽きたわけではないので悪しからず。
ふとキョンシーが目に留まり、すっごく久々の香港映画。
映画といえど、中国圏からは少しもはみださないのです。
キョンシーといえば、道士さま・林正英を連想しますが、私が見たのは、2004年公開の「少林
キョンシー」。比較的新しい、劉家輝主演のです。しかし、道士は道教なのになぜタイトルに ”少林 ” がつくのか…
前年「少林サッカー」が大ヒットしたから、それにあやかったとか?ありそう・・・


画像


まぁそれはいいとして、私が見たかったのは、ゴードン(!)劉家輝ではなく(ファンの方ごめんなさい)、ルイス(!!)樊少皇<ファン・シウウォン>なのです。


画像


顔はかわいいのに、首から下はぜんぜん違う。

画像

画像


ねっ、すごいでしょ?
その昔、まだ幼い頃出演した「覇王別姫」では、それはそれは可愛かったのだそう。
このギャップがよいのか、服がボロボロに破けて肌があらわになったり、上半身裸のシーンが多いように思います。それと、すっごく誠実で、好青年役が多いです。
でも、この映画では、珍しくダーティーな役どころ。
霊を無事成仏させてやろうとする白道主(劉家輝)に対して、どんな霊だろうと容赦ないやり方で消滅させる黒道士が少皇。すっごく暗いの…。
とことん白の邪魔をして、対抗意識丸出しなのには理由があって、黒はもともと白とは同門で、しかも黒は前道主の実の息子なのです。
なのに、自分が道主に選ばれなかったことを、ずっと根に持っているのです。
でも、強力な悪霊の出現で、協力せざるを得なくなります。
そこで、白は前道主の息子に対する思いやりを伝え(道主になれば、苦労も危険もつきまとうから、そんな思いはさせたくないという親心)、黒もこれまでの自分がしてきたことを、後悔し、
白と仲直りします。
その後は自分の身を挺して悪霊へと立ち向かいますが…。
せっかく改心したのに~という結末です。
でも、彼のアクションはたっぷり見られたので満足、満足。

日本のマンガが原作の「力王」は彼の代表作といえます。(ちなみに、大島ゆかり<
シンシア・ラスター>も初々しく出演)
小さい頃から武術を学んできたから、基礎はバッチリ。
アクション俳優はたくさんいますが、彼ほど動きがシャープで綺麗な人はそうたくさんはいません。もっとも、私の中での香港№1は甄子丹<ドニー・イエン>ですが。

少皇は「天龍八部」香港版にも出ているのですね。
誰の役かと思ったら、虚竹でした。こちらも見てみたい気がします。主演は今ではもうすっかりベテランの黄日華、'96年の作品です。
'73年生まれの彼は今年34歳、容貌もアクションもずっと変わらず、すごいなと思います。
概して香港の俳優さんは若いという印象がありますが。梁朝偉、鄭伊健、周星馳、劉徳華然り。あ、みんな40代?おどろきです。

"きゃああああああ、変わらなーい!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント