いつまでたっても

このブログを始めてから8年になるそうです。
ちゃんと知らせていただけるので有難いですね。

ここ数年はほとんど更新していなくて
ほったらかしでしたが
中国ドラマは相も変わらず見続けています。

今は『新水滸伝』を鑑賞中です。
画像

1998年作も香港から袁和平などを招き、みどころたっぷりでしたが
こちらもなかなか面白いので最後まで見たいと思います。

武松の虎退治のシーンはちょっと残念でしたね。
本物の虎は出てくるもののほとんど合成だけで
’98年版のほうは実際に大きな虎と絡んでいるので迫力が違いました。
でも、鋭い目に眉が太くて精悍な大男、という武松の設定に
陳龍さんイメージはまりすぎです。
画像


優しい兄・武大の死に武松怒り心頭
画像
↑この方身長155㎝と小柄なのです。でも武術指導もされるとか。ほんとは西門慶より強いかも。


画像
西門慶ってあんなに武術に長けていたのか?
潘金蓮と情夫の西門慶を殺しますがそのシーンも壮絶でした。

まだまだ武松大暴れです。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック